Bass The Japan Blog

Blog of the Bassist,by the Bassist,for the Bassist

ワウ・ペダル

Plutoneium( プルトニウム ) / BASS Chi-Wah-Wah 〜重い、かさ張る、たいして使わない!そんなベースワウからさようなら!

BASS Chi-Wah-Wah
BASS Chi-Wah-Wah-2

小さいサイズ!


ワウ・ペダルって意外と重いんですよね。

そのうえ、ギタリストのようにカッティングやソロ、半止めサウンドで弾いたりするほど使用頻度が高くない。
あったら良いけど、なくても成立してしまうことが多いので、どうしても揃えづらい部類のエフェクターです。
ベース用のワウペダルって。
あまり使わないのに、ボードに組むとかさばるし、重くなるなどの理由で持ち出す機会が少なくなったベーシストは僕だけじゃないはず。

マルチエフェクターにもワウのエフェクターは入っていたりするけれど、別途エクスプレッション・ペダルを繋ぐ必要があったり。
ペダル一体型のタイプで、小型の物を選んでもやっぱりかさばる。

EBSやMXRなどのコンパクトなオートワウの方に慣れてしまうと余計に出番が減りますね。

しかし、

オートワウじゃダメなんだ!

ペダルワウで小さいベース用ワウが欲しいんだ!
というベーシストには最適なベース用のコンパクトなワウペダルです。
plutoneium bass chi wah wah

横幅が7.2cm、奥行き約13.3cmほどの小型サイズ。
足を乗せるだけでスムーズにON/OFFが出来る。
アナログ回路に高品質バッファで、クリアな音色に。
そして、重さは、625g

結構重くね?
と、思ってしまうが、普通のサイズのワウペダル(クライベイビーとか)では、なんと1.7kgとかあります!

サイズが小さくなるので、ペダルの可変幅も少なくなるというのが、普通サイズに慣れていたら最初は戸惑うかな?
アンプヘッドといい、エフェクターといい、最近の傾向でどんどん小型化していっているので、小さなボードしか持っていなくても手軽に組み込めるのはポイント高し!



YouTube





(Last Update:2016-02-12)

COMMENT ON FACEBOOK

人気の記事