Bass The Japan Blog

Blog of the Bassist,by the Bassist,for the Bassist

プリアンプ / DI

FREEDOM CUSTOM GUITAR RESEARCH / Unicorn 〜パッシブトーンの付いたペダルプリ

Freedom_Unicorn

Freedom_Unicorn


2014年発売の新製品


基本回路はフリーダムのベース”RHINO”シリーズに搭載されているプリのサーキットを踏襲していて、9→18Vへの内部昇圧でローミッドに腰のあるサウンドを作ることが出来ます。

既に発売されているベースプリアンプのQuad Sound Bass Preamp SP-BP-01とはキャラクターも違っているので、ただコンパクトなサイズになっただけでは無く、ハンドメイドのこだわりが反映されています。


3BandのEQの帯域


bass


80Hz 15dbのブーストのみ

Middle


80Hz〜800HzをMid Freqのつまみで調整。 15dbのブースト・カット

Treble


10KHz 15dbののブースト・カット


パッシブ&ヴィンテージサウンドのようなローに特徴あり


アウトボードプリアンプといえば、メーカーそれぞれ特徴があり、独自の色付けがされているのが多いし、それが売りなポイントだから悪いわけではないんだけど、もっとナチュラルに効いてくれたらな、と思うこともしばしば。

そんな時にはこのプリが合います

パッシブの特性を活かしつつ、ミドルのツマミが隠し味になります。
選択できる帯域が80Hzからとなっていて、ベースの効く帯域と同じなんです。


ローエンドマジック


BASSつまみでブースト&MIDDLEつまみでカットの設定に。

ベーシストには馴染みが薄いですが、レコーディング現場で使われるラックのイコライザーの名機「PALTEC EQP-1A」で得られるようなイコライジングのローエンドマジックを再現出来ます。
DTMでもおなじみ、Universal AudioからもWavesからもプラグインで出てますね。

ブーストとカットで、結局ゼロじゃん!
という、単純な計算通りにならないところがまたオイシイんです。
詳しくはまた別項になりますが、いまアツいベース用プリアンプです。



サウンドサンプル




最安値をチェック


(Last Update:2016-02-26)

COMMENT ON FACEBOOK

人気の記事