Bass The Japan Blog

Blog of the Bassist,by the Bassist,for the Bassist

リバーブ

EBS / DYNAVERB 〜ベース・ソロなどでトーンに色気が欲しい時にオン!

みんなの評価

評価の記入にご協力をお願いします!
みんなの評価
6.6

安さ

2.0 /10

操作性

8.0 /10

パッシブとの相性

9.5 /10

アクティブとの相性

7.5 /10

おすすめ度

6.0 /10

おすすめポイント

  • ベース用リバーブエフェクターという種類が他にない
  • エロいサウンド

イマイチなポイント

  • ソロなど、限られた時にしか使わないのに高い

評価記入欄へ移動


EBS dynaverb

EBS dynaverb


ベース用のリバーブエフェクター


サウンドに深みを出す為に、ミックス時やPAなど様々な所で使われているリバーブの、ベース用コンパクトエフェクターがEBSダイナバーブ。
マルチエフェクターにはリバーブが入っているけど、ベース用ペダルでリバーブ・ペダルというのは対抗機種が他に無いぐらい珍しい。
しかし、

リバーブだけの為にコンパクトを買うのはちょっと。。。

そうなんです、コストパフォーマンス悪すぎ! 
いくらなんでも、リバーブだけで2万円強は高いかと。
BOSSのRV-5とかならもっと安いだろうと思い、最近の価格を調べたらそれでも1万五千円!
使うパーツの問題ですが、ちょっと割高感があります。

でも、ベースでメロディを奏でる時、フレッテッドでもフレットレスでも、メロウに弾きたい時には気持ちがいいし、耳障りも良くなるから欲しくなってしまう!


EBS_dynaverb

EBS DYNAVERBはベースに特化


EBSダイナバーブは、最新のディジタル技術で作られた最高にコンパクトなリバーブエフェクターです。アナログデジタルの変換は24ビットでデジタルを感じさせない精度です。入出力はステレオ対応。3つのルーム、3つのプレート、2つのホール、計8つのリバーブタイプが選べ、トーンツマミによってそれぞれのエフェクトのバリエーションが調節できます。


ルーム、プレート、ホール、3種類のリバーブ・タイプ


Roomタイプ


Room A→一般的なスタジオ
Room B→小さめ
Room C→大きめ


Plateタイプ


Plate A→ヴィンテージ・プレート
Plate B→クラシック・プレート
Plate C→クリア・プレート


Hallタイプ


Hall A→ラージ・ホール
Plate B→アンビエンス
Plate C→アンビエンス(Bと同じ)


サウンドサンプル


YouTube



SoundCloud



仕様


Nominal Input Level - 8 dBv
Input Impedance 1 Mohms stereo 500 kohms mono
Dry Bandwidth +0 / -3 dB 20 – 20k Hz
Reverb Bandwidth +0/-3 dB 20 – 20k Hz
Tone Low Pass Filter min / max 1 / 20 kHz
Reverb Types 3 Rooms, 3 Plates and 2 Halls
Sampling Frequency 48 kHz
Dynamic Range typ 107 dB A-weighted
Dimensions (L x W x H) 2.8 x 4.5 x 1.4”
(70 x 115 x 35 mm)
Weight 480g (1.07 lb.)
Bypass True Bypass
Power Requirements 9 V DC Regulated, 80 mA max.



最安値をチェック


評価を募集してます!

*

COMMENT ON FACEBOOK

人気の記事