Bass The Japan Blog

Blog of the Bassist,by the Bassist,for the Bassist

ディストーション

EBS / Billy Sheehan Signature Drive 〜あのビリー・シーンモデルのオーバードライブ!

bss_front

EBSからビリー・シーンモデルのオーバードライブが登場!


2013年のNAMM Showで発表となっています。
NAMMの時期は新製品情報がいっぱいで楽しいですね(^^)v

そして、これは欲しい!!

ビリーモデルといえば、Ampegから発売されていたSVP-BSPという1Uのプリアンプといい、YAMAHAのAttitudeベース以外のビリーモデルって本人使ってないだろ!とツッコミを入れたくなります。

が、そこは世界トップクラスのベーシスト!「ビリー・シーン」モデルの名前で欲しくなるのよ。

自分だけじゃないはず。。。


コンプ内蔵のオーバードライブ


ビリーサウンドといえば、歪みっぷりだけではなく、コンプレッションサウンドも特徴の一つ。
そのために、コンプ内蔵!


センド・リターンの端子に注意!


エフェクトのセンド・リターンが、クリーンとドライブに通常のシールドサイズの端子が一つずつしかないです。
これは、不良ではなく、Yケーブルというものが必要になります。(下記の商品写真をご覧頂ければ、どんな物か分かると思います。)


Yケーブルはコチラ


見た目そのままの「Y字の形のケーブル!」
これをループのところに挿し、パッチケーブルでエフェクターを繋ぎます。
ちょっと特殊ですね。



EBS_BillySheehanDrive

ビルトイン コンプレッサー


コンプレッションを加えることでヘヴィディストーションサウンドでも音をクリアに聞き分けることができます。コンプレッションはHigh、Mid、Offの設定があり、Midでは内蔵のトリマでレベル設定が可能です。また、スレショルドのトリマも内蔵しています。

クリーンループとドライブループで拡張が可能


Billy Sheehan Signature Driveではクリーンループとドライブループを使用することにより限定のないプリ/ポストのサウンドエフェクトのミックスが可能です。ループによって好きなエフェクトをSignature Driveに取り入れることができます。たとえば、外部のEQをドライブループに挿入し、ディストーションのキャラクターをさらに練り上げることができます。また、内臓のコンプレッサーを切って、クリーンループに他のコンプレッサーを入れてもよいでしょう。

コントロール


EBSの従来のペダルサイズより大きめにしました。Drive (オーバードライブのゲイン)、Tone (ドライブのトーン)、Level (ドライブチャンネルのループ後、コンプレッサー前のレベル設定)そして Clean (クリーンチャンネルのループ後、コンプレッサー前のレベル設定)。
EBS Billy Sheehan Sig. Drive - モリダイラ楽器


サウンドサンプル


YouTube



SoundCloud





COMMENT ON FACEBOOK

人気の記事