Bass The Japan Blog

Blog of the Bassist,by the Bassist,for the Bassist

プリアンプ / DI

AMT ELECTRONICS / BC-1 〜見た目ゴツイけど、ナチュラルにも使えるオイシイ・ベース用プリアンプ

AMT ELECTRONICS / BC-1 Bass Crunch


AMT ELECTRONICS / BC-1 Bass Crunch

AMT ELECTRONICS / BC-1 Bass Crunch


プリアンプ搭載でハイエンドなベースエフェクター。DarkglassのB7KやVintage Deluxeの影に隠れてしまっているけど、実はこのAMTの方が少し前から発売していて、楽器店やYouTubeで見かけていました。

18V駆動なので、鉄の格子窓みたいなところに9V電池が2つ入ります。
クリーンとドライブチャンネルそれぞれにEQがあったり、ツマミがいっぱい!


Clean上の段のツマミ


Level – クリーントーンのレベル
High – 高域の調整
Mid – 中域の調整
Low – 低域の調整
Gain – 入力ゲイン


Drive2段目のツマミ


Level – ドライブチャンネルのレベル
High – 高域の調整
Mid – 中域の調整、Freq notchスイッチで、500Hz, 330Hz, 230Hzからノッチフィルターでカットする帯域を選択
Low – 低域の調整
Pre. Notch – ノッチフィルターに入る前に、700Hz, 400Hzを予めカット、またはオフを選択
Gain – 入力ゲイン


Overall Controls3段目のツマミとフットスイッチ


Blend – クリーンとドライブのバランス調整
Master volume – マスターボリューム
Footswitch DRIVE – エフェクターのオン・オフ切り替え
Footswitch HI/LO – 音にすると、ドライブチャンネルの入力感度が変わる。


Connections Right Panel右側パネル


INPUT – インプット
SEND FX – エフェクトセンド
RETURN FX – エフェクトリターン


Left Panel左側パネル


OUTPUT – アンプへつなぐ際のアウトプット
CTRL OUT – AMT TS-2MIDIコントロールスイッチをつなぐ端子
CAB.SIM. – ミキサーへ別チャンネルで送ったりするときのアウト
DI OUT – XLR端子のアウト


AMT ELECTRONICS BC-1_18V

スイッチがいっぱいあり、戸惑うかもしれないですが、基本的には潔い作りになってます。
飛び道具的に使うよりかは、曲中に掛ける歪み具合にセッティングするのが好きです。


BC(Bass crunch)-1は、真空管アンプの特性をJFETテクノロジーによりエミュレートした、ベースギター用プリアンプ/ドライブペダルです。
CLEANとDRIVEの2チャンネルを持ち、両チャンネルをブレンドしての出力が可能。CLEANチャンネルは、クラシカルで滑らかなトーンを持ち、コンプ/ドライブ感は少なめです。一方のDRIVEチャンネルは、複数段の増幅回路を持つ、モダンでパワフルなドライブサウンド。

さらに、ワイドなセッティング幅を持つEQや、高音の密度がグッと増し、よりアグレッシブな音色が得られるHigh Modeスイッチを装備し、極めてワイドなサウンドバリエーションを誇ります。
入出力は通常のイン/アウトに加えセンド/リターン、キャビネット・エミュレーターアウト、ダイレクトアウトという豊富な端子を装備。

また、AMT TS-2  MIDIコンバーターを接続するためのCTRL OUTも備えています。
ライブやレコーディング、DTMまであらゆる局面に対応する、他に例を見ない多用性・拡張性を備えたベース用プリアンプ/ドライブペダルです。(使用には専用18VDCアダプターもしくは006P乾電池2本が必要です)
Via:国内代理店サイト


サウンドサンプル


YouTube






最安値をチェック


(Last Update:2016-02-19)

COMMENT ON FACEBOOK

人気の記事